人気馬たちが走るG1でも最高配当は存在

競走馬

G1レースはJRAが開催する重賞競走の最高位で、多くの方はそれだけは競馬新聞などを購入してまで馬券を買って参加されることも多いです。多くの名馬がG1に勝利することでその名前を轟かせ、人々に語り継がれる存在にもなります。

ただ競馬の世界では名馬になる強い馬だけが常に勝つのではなく、なかには成績もそれほど良くなく人気もあまりない競争馬がG1に勝利することもあります。その場合、誰もが予想しなかった結末を迎えることとなりますので、最高配当を得るケースが存在します。

直近のG1での最高配当では、2017年5月17日に開催されたヴィクトリアマイルで一着が5番人気、二着が12番人気、三着が18番人気の競争馬が来るという大荒れです。3連単で2070万5810円の最高配当を叩きだし、一躍話題になったレースとなります。その凄さは100円でその馬を3連単で馬券で購入しておくだけで2000万円以上の配当金を貰えてしまうという驚異的な点となります。

特に後に名馬となる様な強い馬が出走するG1においては、間違いなく人気になりますが、それが連を外すと驚異的な配当金を付ける特徴が見られます。