日本ダービーで狙う馬

競争

競馬のプロの予想は、素人とは視点が異なります。

1年で最も盛り上がるレースに日本ダービーがあります。
日本ダービーは、直線が約600メートルという東京競馬場の芝2400メートルで行われる競馬で、しかも3歳の一流馬が集結するレースですから、レベルの高いレースが繰り広げられると思われがちです。

しかし、実際には毎年レベルが高いわけでは無く、年度によって大きく異なります。馬券の玄人が日本ダービーで狙うのは、最も能力の高い馬ではなく、東京競馬場芝2400メートルに向いている馬です。
理由はそのコース形態にあり、東京競馬場のスタンド改修工事が行われ、ゴール板の位置が1コース寄りになってからはその傾向が顕著になっています。

スタンド改修工事は古くからのファンにしか知り得ないことですが、それまでの東京コースは今よりも直線が短かったため、タフでハイレベルなレースが展開されていました。しかし、ゴール板の移動により直線がより長くなってからは、脚を温存しても届きやすくなったことから、後方の馬が直線に向くまでじっくりと追走するようになり、スローペースが多くなりました。

馬

特に2400メートルのレースでは序盤のペースが落ち着きやすく、しかも現在はG1でも18頭が最多の出走頭数となるため、ペースが速くなることも減少し、上がり勝負となることがほとんどです。
この弊害として、直線が長いコースのみを得意とする馬や、能力が低くても先行して粘り切るだけの持続力を持った馬が上位に入線できるようになりました。